LINK
乗用車の全損とは名称通り愛車のすべてが壊れてしまった場合、結果的に走れないというような移動手段として機能を満たせなくなった時に使われますが車の保険で決められている《全損》は多少なりとも違う意味合いが含まれています。自動車保険における自動車が破損した時に「全損と分損」という2つの状況に仕分けされ、分損は修復費が保険金でおさまる時を示しその場合とは逆に「全損」とは修復の費用が補償額を超えるケースを表現します。修理で《全損》と言われると車の心臓、エンジンに重大な損傷が起きたり車の骨組みが曲がってしまったりして修繕が不可能である為、リユースか処分と判断されるのが通常です。けれど、交通事故を起こしてディーラーや保険屋さんが修理の費用を見積もりした場合にいかに表面的に問題なく直すことが可能な状態でも修復費が保険よりも高くては何の目的のために乗用車の保険お金を払っているのか分からなくなりそうです。そのような場合では、《全損》と結論付けて自動車の所有権を車の保険の会社に渡し補償金額を貰う条件になっています。当たり前の事ながらそれなりの期間乗った自分の車で愛着があり自分のポケットマネーで修理して使いたいとおっしゃるひとはかなりいらっしゃいますので状況によっては自動車の保険屋さんと話すといいと思います。また、自動車の保険によってはそういった場面が考慮されて車両全損時諸費用補償特約などの《全損》のために特約を設けている場面がたくさんあり、予期せず自家用車が『全損』なってしまっても車を買い換える必要費用を多少なりとも払ってくれる時もあります。盗まれた時の補償金の特約をつけていたら、とられてしまった物が見つけることができない場合も(全損)の扱いとなり補償金が支払われるサービスになっています。