LINK
普通の外為の教科書では、「損をした時はナンピン買いして全体の価格を低くする」などと助言されていたりする事もありますが正直それには目に見えない罠が潜んでいます。とりあえず、ナンピン買いの原理に関して簡単に記述します。例として100円で1ドルを買ったとします。$買いですから円安ドル高になれば儲けが出るわけですが、逆に1ドルが95円まで円高ドル安が進んでしまった。このまま所有し続けたら損失が回復するまでには、損した分、ドル高が進まなければなりません。誰でも、マイナスは早く取り戻したい思います。この状況を乗り切るため最初に注文したのと同額分の$(ドル)を1ドル95円で取引します。これで、ポジション全体の買い付け単価は97円50銭まで低くする事が出来ます。これで、半分の幅で円安ドル高が進行すればマイナスを回復する事ができます。それが、ナンピンの仕組みです。このように、ナンピンの原理を理解すると「ごもっとも」と思ったりするが相場は容易には思い通りにはいきません。元々、1ドル95円より下がらないとは、なんびともわからないのである。仮に、外国為替市場がかなり強いドル安傾向だとすれば1ドル=95円では下げ止まらずに円高が加速する可能性は高くなります。仮に、1ドル=97.50円でナンピン買いを入れたにもかかわらず、95円まで円高になっとしたならばナンピン買いしたポジションについても為替差損が生じてしまいます。こういう状況では初めにエントリーしたドルとあわせてダブルで差損を被ります。それほど、ナンピンは難しいのだ。ならば、市場がシナリオとは反対にさっさと進む場合どの対応で危機を管理すればいいのでしょうか。選ぶべき道は2つだけあります。ひとつはあきらめて損失を確定する事です。もうひとりは自分が持っている買いポジションを少なくして、再び市場がリカバリするのをじっと待ち望む事だけです。相当消極的な対策だとみる方もいるでしょう。しかし、自分の持っている買いポジションにマイナスが生まれた時最も有効な術はこれ以外には期待できない。言うまでも無く、考え方としては、ナンピン買いするという手段もありえます。だがナンピンは、あなたがマイナスになっているのに、ポジションを縮小するどころか、逆にポジションを買い増していく手法です。この手法では、危機を制御することなどどう頑張っても無理だと思ったほうがいいです。ナンピンをしていけばいずれは勝てるかもしれない。だけど、そうなる前に資金が不足してしまいます。