LINK
外国為替証拠金取引(FX)においては取引所取引というものがあります。日常的の外為(FX)企業と売買を実施するという行動を「店頭取引」と言いますが、これは取引所を通さずビジネスのパートナーはFX会社になります。「取引所取引」という取引所はFX会社はとはいっても仲介であり、直の商売目標は取引所との事になるのです。その違いをただ今少々比べていきましょう。まず「店頭取引」のケースは預金しておる資金は外為業者に管理されています。ところで「取引所取引」の時、こちらの資金は全額取引所に預け入れしないとならないと義務化されているのです。そうする事で仮にFX(外国為替証拠金取引)業者がパンクするといった話が万が一あったとしても後者は、取引所によってお金は全てのお金が防守されているということになります。場面はFX業者が調節しているので、状況によっては業者パンクの悪影響をに襲われて寄託していたお金は防護されないです。そして税金面からみても両者においては内容に差異が存在します。「店頭取引」では、変動利益やスワップ利息などを雑所得として労賃と加算して申告しないとなりません。だが確定申告しなくても大丈夫な時もあるとの事ですので、自分に合致するか当てはまらないか念入りにチェックをお願いします。もしアナタが会社員で収入2000万円以下給与の所得をはみ出した稼ぎが二十万円以下(2社以上の企業から給与所得がなし)といった内容を守っている状態でいるのなら特例措置で確定申告は不要になります。外為もうけが二十万円以上場面は確定申告をしなければいけません。税金の度合いは実入りに伴い5から40%の六段階に分類されていて、所得が高いようであればtaxも値上がりします。「取引所取引」については、利潤があればその他の稼ぎとは別で考えておいて「申告分離課税」の対象となってしまうでしょう。税の度合いは一律20%となりますがもし損失が決まったという事ならば「取引所取引」の益として損失分を翌年以降に繰越するということができます。上記から読んでも、「取引所取引」の方がより低価格なタックスになる場合も大いにあるので照らし合わせて見ていった方が良いと思います。未経験者の場合、JASDAQ株価の動きや円の状態に気を配り、もうけや損失にドキドキする事によって、税金の事柄を忘れてしまいがちなることもありがちです。損分は困ります。でも、実収が増えれば税金においても値上がりするので注目と実感をもつ事が肝要との事です。